「後援会活動」カテゴリーアーカイブ

緊張で汗かきました

浜田靖一代議士の青年部主催、君津青嵐会クリスマスパーティーで司会進行を努めさせて頂きました。青嵐会一年の締めくくりの行事で、260名程のお客様を迎えての司会進行はさすがに緊張しました。終了後に浜田代議士と普段からお世話になっている仲間と記念写真を撮りました。

富津市長の高橋恭市さんを囲んで一枚!(前に出ていまいスミマセン)

有言実行だ!!

 

平成27年第3回定例議会最終日、『かずさ広域連携構想』にあげた、財源ねん出の為に、議員自らが身を切る改革を断行します。

多くの議員から批判されると思いますが、『言ったからには実行します!!』

*過去の議会中継になります。平成27年第3回定例会 8月20日本議会:日程第5 発議案第7号

 

 

かずさ広域連携構想

君津市の現状 (2)君津市は今、新しい広域連携(かずさ広域連携構想)の時代に突入しました。

その新しい広域連携(かずさ広域連携構想)とは、少子高齢化や人口減少が進む中で、住民サービスを維持しつつ、新しい行政ニーズに対応していくための必要な構想です。多用な分野多様な形の連携を環境の変化に応じて柔軟に見直と共に、各種施策を実現させるための財源の捻出を含めた政策を 船田けんじ は進めてまいります。10年後、20年後の皆さまの生活を一変させ、『君津に住んでよかった!君津に住みたい!』と思える街づくりを推進してまいります。

君津市の現状

君津市の経常収支比率は94.7%(H25)です!
これが皆さんの要望に応えられない原因です!
お小遣いで例えると月に1,000円貰っているとして、そのうちの947円が使い道をめられているということです。これではジュース1本も買うことができません。君津市はこの状態に長く置かれている為、皆さんの要望に対して「予算がない」と言うのです。

君津市の現状 (5)

財源の捻出
君津市の現状 (6)君津市の現状 (7)かずさ広域連携構想

かずさ広域連携構想 (3)かずさ広域連携構想 (6)かずさ広域連携構想 (7)かずさ広域連携構想 (8)かずさ広域連携構想 (4)

 

船田けんじ後援会(27年度事務所開きver1)

平成27年7月4日に船田けんじ後援会事務所開きが行われました。 若い人から高齢者の方までさまざまなライフスタイルに合わせた行政サービスを展開し、住みやすい街にし、君津に住みたいと思える街づくりを進めていきます。 これからも皆さまの為に全力で働かせて頂きたいと願っておりますので、何卒、皆様のご理解、ご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

警察署(^-^;

選挙カー226年10月15日(水)に選挙カーの設備外積載許可申請書の提出をするため君津警察署に行ってきました。看板の記載内容には制限ないので何を書いてもOKですが、一般の自動車と同様に道路交通法及び道路運送法車両法等の規制を受けるそうです。何事も勉強ですな~