作者と失敗作

ブラジルからの訪日使節団歓迎会に参加したところ、私の中学3年生の時に担任だった利光先生に会いました、現在は小櫃中学校の校長先生!「俺の一番の失敗作:船田じゃないか」と叱咤激励を頂きましたが、「作者はあなたですよ」と肩を組み記念撮影…そんなことは置いといて、訪日したのは14歳から16歳までの未来を担う子供たち。君津市の小櫃小・中学校と姉妹校提携を結んだ松柏学園・大志万学院の両校の生徒が互いの学校・地域を訪問しあうなどの交流を続けお互いの文化を学んでいます。昼食会では子ども達と有意義な時間を過ごしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください