市民の火葬業務に影響の出ないように!

行政の使命として君津・富津の火葬業務に空白期間ができることは避けなければならない!富津聖運営については地元のご協力があって成り立ってきたことを改めて認識する必要があると思います。また、木更津市火葬場の業務開始後の上総聖苑のあり方につきましては費用対効果や地元のご意見をよく伺いながら廃止の方向も含めた中で検討するのが自然な流れだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください