伝統行事を継承する

35回目の貞元どんど焼き、お正月飾りの門松やしめ縄それに書き初めなどを、火にくべて焼き払う日本の伝統行事です。
お正月に天から下りてきた歳神様は、どんど焼きの煙に乗って天に帰るとされ、それをお見送りするために行われると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です