『警報級の大雨』になる可能性

関東南部で予想される雨の降る量は、18日正午までの24時間に多い所で180ミリ。その後、18日正午から19日正午までの24時間に多い所で50~100ミリとなっています。
低気圧が予想よりも発達した場合には『警報級の大雨』になる可能性があります。
緊急事態宣言をしている中で、避難指示が出された場合『コロナが怖くて避難できない』と言われないように対応しなければならない。オール君津で出来る限りの準備をするしかない。
また、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、強風、高波に注意・警戒するとともに、落雷、竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください